伝統工法「高津堀り」をつかって、大人から子供まで、力を合わせ掘りすすめる。(2019.7.28   高津神社)

​かつて高津神社にあったされる伝説の井戸「梅之井」。

江戸時代、名水が湧き出していたという。小谷宮司が言う、

「神社の井戸が枯れているのは良く無いし、寂しい」。

 

その一言からプロジェクトはスタートした。

しかし、どうやって掘るの?!

お金も無いで!あーでもないこーでもないと悩んだ末、

 

たどり着いた伝統工法「高津堀り」

それは、地域のみんなが力を合わせ、

掘り進める方法だった。

令和元年7月28日にいよいよキックオフ?!

さて、ちゃんと水は出るのか?

スライド1.png
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon